プロフィール
五郎
五郎
1953年、高砂市生まれ。1988年から加古川市在住。ラジオパーソナリティ。バンド・リーダー。TVのリポーターや講演会など幅広く活躍中。

ぽちっ♪とお願いします!
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 39人
オーナーへメッセージ

2008年05月17日

プロレス美術館

 先日、番組で紹介した、世界初のプロレス美術館のオーナー、湯沢利彦さんの話は凄かったわ。プロレスファンの僕も、完全に脱帽です。

 25歳の時に、国内のプロレス観戦だけでは飽き足らず、アメリカまで何度も行ったとか。そして、27歳の時には、年間150大会観戦を実現するために、勤務していた会社に東京転勤を直訴している。そして、35歳の時、築120年の我が家をリフォームして、住居兼プロレス美術館を完成させている。

 その美術館に展示されてるグッズがまた凄い。ミル・マスカラスが、試合前にファンにプレゼントするマスクを、隣のファンと取り合いになって、歯が抜けたらしい。それは気の毒ということで、今度はマスカラスからもらった本物のマスク。エピソードも凄いよね。アントニオ猪木が書いた本物の書初めもある。

 

 猪木・倍賞千恵子の結婚披露宴の引き出物のお皿もある。全国のファンが寄贈してくれるのだそうだ。僕も、アメリカから取り寄せた、この、自慢の格闘技の歴史書、寄贈しようかな?

 

 将来は、プロレス民宿にして、夜を徹して語り合える場所にしたいんだとか。僕も、絶対行ってみたい!京都市左京区高野清水町にある。詳しくはHPを。
 
 

 

   


Posted by 五郎 at 10:35Comments(1)プロレス