プロフィール
五郎
五郎
1953年、高砂市生まれ。1988年から加古川市在住。ラジオパーソナリティ。バンド・リーダー。TVのリポーターや講演会など幅広く活躍中。

ぽちっ♪とお願いします!
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 46人
オーナーへメッセージ

2007年07月08日

おもしろ京都

 行ってきました、京都。いやあ、面白かったです。まず、京都で鵜飼があるのを知らなかったも

んね。鵜飼自体が初体験だったので、行く前からドキドキでした。

 鵜飼までの時間を利用して、トロッコ列車に乗りました。これもお初。いやあ、いいもんですね。

保津川下りは出来なかったけど、トロッコ列車から見る保津川は最高でした。さくらと紅葉の時季に

絶対行きたいですね。トロッコ列車はサービス満点で、頼んでもないのに車掌さんは「千の風にな

って」をアカペラで唄ってくれました。しかも2番だけ。

 

 その後、早めの晩ご飯を食べることになり、渡月橋のたもとにある「ボデゴン」というスペイン料理

店に行ったんですよ。お客さんがゼロで、やばいかなと思ったんですが、それは、時間が早すぎた

んです。六時を過ぎた頃には満員でした。3000円のおまかせコースを頼んだんですが、おいしか

ったです。それと、量が多いんです。さすがの僕も少し残してしまいました。

 8時になって、さあ、いよいよ本日のメインイベント、嵐山の鵜飼です。

  (スンマセン!!写真が真っ黒で、写ってません。カンニンどす!!)
 
屋形船に乗って待っていると、その前を鵜飼船が通っていきます。「それ、それそれそれ」と鵜匠が

鵜をせきたてます。船をトントントンとたたきながら、最後のドーンで、鵜が水に潜っていきます。見

事にアユをとればみんなから拍手がわきます。 でも、あの鵜って、毎年捕りに行くんでしょ。何で

でしょう?2年、3年とつかえると便利だと思うんですが、鵜も心得たもんで、2年目にもなると、「ア

ホらし、何でいっぺん捕ったもんはきださないかんねん」って、わかるんやで、きっと。てな、ことを

考えながら、京都の夜は更けていくのであった・・・
  


Posted by 五郎 at 12:18Comments(4)